【女性必見】男性目線の合コンでうまくいかない理由と失敗経験をチェックしておこう

男性目線から見た女性が合コンでうまくいかない理由とは

合コンでうまく行かないと思っているあなたへ送る男性目線から見たうまくいかない・失敗する行動を指摘。さすがにそれをやっちゃうと男性陣も盛り下がるし、お互いに楽しくなくなるという項目を上げてもらいました。案外それやっちってるかもって思ったら、次回からの合コンに備えて見ておくだけでも、失敗から成功する合コンに早変わり。あなたのための男性目線の意見はこちらです。

今日の合コンは失敗だと思ったら楽しまない

もちろんこれは仕方ないことです。見た目がいまいちタイプじゃないし、正直今回はダメだなって思って最後まで仕方なく合コンに参加しているあなたの楽しくなそうな態度。これは絶対にダメ。あなたがタイプじゃない目の前にいる男性は好みじゃなくてもその男性の友人はどうでしょう?その男性の交友関係までは合コンではわかりません。あからさまに『失敗したな』と思うその雰囲気は必ず男性陣にも伝わります。そんな楽しくない女性を男性は次の合コンには絶対に誘いません。今回はタイプじゃなくても合コンは最後まで楽しく過ごしましょう。合コンが盛り上がれば、男性陣に『男同士って何して遊ぶの?』という当たり障りのない質問から、友人関係を少し探ってみると案外あなたの好みのタイプの男性が友人にいたりするものです。次回の機会を逃してしまわないように最後まで合コンは楽しみましゅう。

合コン中に男性と話している間もスマホいじりはマイナス

合コンの話している最中にスマホをいじっている女性に男性は正直興味が薄れてしまいます。話している最中にスマホをいじっているだけで、男性は、『違う男性がいるな』『この合コンに興味ないの?』などいろんな思考を巡らせます。男性の心理としては、『合コン・他の男性に興味がないなら話しても無駄』という考えにたどり着きます。あなたが友達や、仕事での連絡での場合でも話している最中はスマホをいじらないほうが好印象です。もし、話ながら触る場合は、たった一言嘘でも構いません、『ごめん、仕事の連絡で』と添えるだけで男性はすんなり仕方ないなと納得します。失敗しないためにも、話の最中はスマホを触るのは控えたほうがよいかもしれませんね。

ガチガチのガードはダメ。少し隙を作ってほしい

合コンで警戒心高めのガチガチのガードを固めていると、どうしても男性陣は喋りかけづらいものです。初対面の人との合コンでガードをしっかり固めるのはわかりますが、今はまだみんなとお店の中です。特にガードを固める必要がないのでは?少し隙を作って、話しやすい雰囲気を作るだけでも、男性の食いつきは全然違います。ガードをしっかり固める時は、男性と2人きりになった時にしましょう。

合コン終了に近づいたらスマホは机の上

連絡先を聞かれる女性は必ずやっていると男性陣は口を揃えて言うのが、終了近くになって、スマホをみんなが見える場所に置くという行為。なんかとてもあからさまな感じがしますが、やっぱり男性陣にとっては、とても聞きやすいということです。スマホがあるかないかだけで、連絡先を聞かれる確率がとっても上がりますのでオススメです。

親の門限があるから帰るはダメ

この発言は絶対NGです。合コンの席でたまにこの発言は聞きくことがありますが、親の門限で合コンを解散するのはまったく問題ありませんが、親の門限がある女性を男性は後日遊びに誘ったりはしないようです。やはり親の門限があるとどうして誘いにくいのが男性の本音です。もし、門限があったとしても最初は違う言い訳が良いかもしれませんね。

以外に少しのことで失敗から成功へ

男性目線の意見としては、ほんの少しの改善で合コンの雰囲気がよくなったり、『あの子良いかも』って感じるようです。是非、次回からの合コンに向けて、男性の意見を頭の片隅にでも入れておけば、今まで以上に良い結果の合コンになりそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る