些細なケンカ別れで後悔したカップルが仲直りできた方法とは?

ケンカ別れで後悔しないための方法とは?

付き合っているとどうしても、一度や二度のケンカはつきものです。カップルとはそんなケンカを乗り越えて仲は深まっていくものですが、些細なケンカからどうしても仲直りできないケンカがあります。お互いに意地を張って謝れなかったりとケンカしたまま別れてしまったパターンもよくあります。感情的になって別れてしまう前に、ケンカ別れで後悔したカップルが仲直りできた方法で円満な仲直りを目指しましょう

とにかくまずは、冷静になるために期間をおいて

ケンカ別れで別れてしまうパターンで一番多いのが、口論の最中に『もういい!!別れる!!』と感情的になってしまうことがほとんどです。本心ではそう思っていないのに感情的になりすぎたためについ発してしまう言葉です。この言葉を吐いてしまったら中々後に引けなくなるものです。特に男性の方であるほど意地を張ってしまう場合が多いようです。男性とはプライドで生きていますからね。だからこそまずは、冷静になる為の時間が必要です。この時間を設けたかどうかで仲直りできる確率もグッと変わってきます。冷静になることで、『あれは少し言い過ぎたな』と自分のことを客観的に見ることができます。冷静な期間を2〜3日置いて感情的な気持ちは切り替えて、しっかり2人で話し合いをする機会を設けることが仲直りの秘訣です。

話をする機会を設けるのはあなたからです

ケンカ別れで多いのが現状をそのままにしてしまうということです。あなたの行動一つで仲直りできる可能も十分にあるのに意地を張り続けるのが一番良くありません。冷静になった上で、このままケンカ別れしたくないと思ったなら、まずは『行動』です。人はどんな飾られた言葉よりも『行動』が大事です。後悔しないためにもまずは、あなたから連絡を取ってみることが大事です。『このまま別れてしまう前に、一度話し合おう』というような簡単な文章でもかまいません。大事なのは合って話すということです。勇気を出してまずは行動の一歩を踏み出しましょう。

お互いに違う人間だということを認識する

いくら仲良く付き合っていても、一人一人、価値観や考え方は必ず異なるものです。ケンカの原因に考え方に不一致が引き起こすことがほとんどです。ケンカした場合に大事なのはお互いの不一致をしっかり話し合うことです。ケンカ別れをしてしまったカップルのほとんどが、お互いのことを理解しきれていなかったということがほとんどです。仲直りするための話し合いの場を設けたら、しっかり話し合って仲直りするこが大事。『あの時はごめん』という形でとりあえず謝る形で仲直りするといずれまた同じ原因で仲が悪くなってしまうのです。しっかりケンカの原因をお互いに理解することが大事です。

冷静に意地を張らずに、まずは行動です。

些細なケンカほど感情的になって意地を張ってしまいがちです。そんな些細なことで別れた結果、後悔したカップル、そして未だに引きずっている人も多いようです。そんな後悔をしてしまわないためにも、今からでも間に合います。まずは冷静になって、意地を張るのも辞めて、話し合いの機会をあなたから行動を起こしましょう。この行動をするかしないかで、『あの時しとけばよかった』なんて思わないためにも勇気を出して行動に移すことが一番の仲直りの秘訣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る