男からのデートの誘い方で女性にOKと言わせる3つのパターン

女性をデートに誘う時に注意したいのは、男女の予定の埋め方が違うということ

男性が女性をデートに誘って失敗してしまいがちな理由としては、男性と女性では、全くスケジュールの埋め方が違うということです。以外にもこの点に気付かない男性が女性をデートに誘う時に失敗してしまうみたいですね。女性の心理をしっかり理解した上でデートの誘いを成功させましょう。

当日や明日誘うのはダメ。必ず1週間ぐらいの余裕を見て

誘った日から、デートまでの日数が短いのは女性にとって断れる理由をつけてあげているようなものです。例えばデートの予定が2〜3日後に誘うと、『急だね。もうちょっと前もって誘ってくれたら』と断れる理由をあなたが作っているのです。さらに女性の心理としては、当日とかに誘われると『もしかして暇な女と思われてる?』など、女性自身も良い気分がしない女性も多く、機嫌を損ねた女性はあなたのデートには行きたいと思いません。女性は、前もって予定を立てる生き物であり、1週間先など予定を立てやすいようにデートに誘ってくれる男性に対して、私のために気遣ってくれていると感じます。断れないためには、まず余裕をもったデートの予定を立てましょう。

会話の自然の流れで誘われると断りづらくてOKしてしまう

女性へのデートの誘い方が上手いと感じる意見としてよく挙がるのが、自然な流れでデートに誘うということです。女性にOKといわせる男性は必ずこのパターンを一度は使います。会話の中で、『女の子同士ってどんなお店に食べに行くの?』『好きな食べ物ある?』などの会話から、『好きな食べ物◯◯なんだ♪◯◯がすっごく美味い店知ってる!!』という流れでそのお店に自然な流れでデートに誘うのです。さらに、強者な男性はこの時点では、そんな店全く知らないそうです(笑)。まずは、その話に持っていき、そこから自然にデートに誘います。その後は、しっかりお店をサーチするのがOKを貰うのがコツです。お店は別に全く知らなくても大丈夫です。まずはデートに誘ってみましょう♪便利な世の中になりましたからお店はあとからゆっくり調べればOKです♪

一回目断られるのは想定内。すぐに第2案、3案を用意しておく♪

『これは、上手いな〜』『女のことよくわかってる』と思いつつ女性がOKを出してしまうデートの誘い方です。まず始めに『良く行くBARがあるだけど一緒に行かない』と誘います。(BARでなくて構いません。なるべくOKを出すのが難しい誘い方にしましょう。)ほとんどの場合、女性は『いきなりBARに誘うって何か下心あるかも』と感じて断ります。最初は断られることが大事なのです。次に少し『だったら、夜ごはん食べににいこう』と誘ってみてください。この時点で女性は、先ほどの提案よりもハードルが下がっているので悩みます。もちろんここでOKが出たら大成功です。もし断られたら次に『じゃあ、ランチに行こうよ』と提案するとどうでしょうか?女性の心理としては、断り続けているのでまたここで断るのは少し気が引けますし、今までの提案の中で一番ハードルが低いので、思わずOKを出してしまう女性がほとんど。断り続けるイヤな女と思われたくない心理と、ハードルを下げていくことによって提案が通りやすい心理を利用したテクニックです。3案ぐらいまで事前に用意しておくことがコツです。このパターンを使って女性からのOKを貰いましょう。

断れない雰囲気作りと、誘い方のパターンを活用して良いデートを

デートに誘うのが上手な男性は、デートということを意識させずに、自然な流れでデートに誘ったり、断りにくい雰囲気作りを心掛けています。女性を誘うパターンをしっかり活用して、今日から断られない誘い方を実践してみましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る