なぜ!?別れ方が曖昧な男性がはっきりできない心理とは?

男性が恋愛においてはっきりできないのはなぜ?

女性の恋愛は『上書き保存』、男性の恋愛は『名前をつけて保存』と言われるように、恋愛の思考そのものが男女間において大きく違います。そのような理由もあり、女性には理解しがたい行動を取る男性が多いようです。その一つとして男性の別れ方について悩め女性が多いようです。別れについて曖昧な男性の気になる心理とは?

男性の思考回路は基本的には1つのことを優先

曖昧にさせてしまう理由の一つとして、男性は常に一つの物事を解決して、次の行動に移るという思考回路があります。あなたが彼の別れ方にモヤモヤしている時に、『別れるていう話はどうなったの?』と聞くと彼は『今忙しいからまた後で』なんて言われた経験ありませんか?あれはこのような男性の心理からくるものです。男性の視点で言えば、『別れ』を告げた時点で『別れる』という行動は一旦終了し、次の行動(仕事など)に移っている状態です。『別れ』を告げた時点で曖昧かはっきりしているかは男性にとって重要ではなく『別れ』を告げたという行動だけで彼の中では一つの行動を終えているのです。そのために曖昧な部分が残る場合が多いようです。

嫌われたくない心に少しナルシストな一面も

これは別れを告げた時に、『別れの理由がはっきり』しない時に多くみられるパターンです。別れの理由をはっきりしない理由としてあなたを傷つけたくないからというのは男性の表面的な意見です。本音としてははっきりした理由を告げることによって自分自身が嫌われたくない・傷つきたくないという自己防衛的な理由が男性の意見です。これは誰にでも良い人でありたいという男性のナルシストな心理が働いているために別れの理由がはっきりしないのです。このような男性のタイプは『別れた後も友人の関係で』というようなタイプなので、もしあなたがはっきり別れたいのであれば、しっかりと『別れた後に友人関係』の状態はありえないと伝えることがベストな選択といえます。

別れを告げた結果、あなたに未練が芽生えた

別れを告げる理由というのは人によって様々です。別れるを告げる前には心の整理はつけていたつもりなのに・・・。別れを告げた瞬間にあなたに未練が芽生えた男性というのあなたの想像以上に多いのです。男性は女性と違い恋愛においては常に引きずってしまう生き物です。別れをつげたくせに?と思ってしまう女性も多いと思いますが未練が残ってしまうのが男性です。彼が曖昧な別れ方をしているのであれば、それはあなたに未練があるということも考えてください。そして1週間ほど冷却期間を置いた状態でもう一度別れについて彼と話し合ってみてください。1週間も立てば彼も冷静な判断ができる状態になっているはずです。未練が芽生えていれば彼から復縁の話しになるはずです。

曖昧な別れ方をした男性はまた会いたいと言ってくる

曖昧な別れ方をした男性の中で一番悪いタイプがこのタイプです。曖昧な別れ方をして次の彼女を作るまであなたとは体の関係を求めてくるのがこのタイプです。このタイプはあなたにとってマイナスな部分しかありませんので、体の関係のみを求めてきた場合には、キッパリする勇気は必要なのかもしれませんね。

別れたいのか復縁したいのかをはっきり見極めて

曖昧な別れ方をする男性は様々な心理が働いているために、キッパリできない男性が多いようです。嫌われたくない、やっぱり未練がある、それとも体の関係は続けたいから?など男性は恋愛においてははっきりできない生き物であるということを頭に入れながら、少し期間を空けて、お互いに冷静な話し合いができる状態ではっきりさせるのがベストです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る