職場の年下の彼が気になる。片思いから恋愛に発展させる方法

職場の年下の彼が気になる。年下は興味なかったはずなのに

全く気にもとめてなかった後半が突然、恋愛対象になってしまったという女性の方は以外に。年下の男は興味なかったのに、なぜか好きになってしまって悩んでいる方は是非最後までじっくり読んでください。そんな片思いの状況から抜け出すための年下男性の心理を少し勉強しましょう

先輩と後輩の関係から恋愛に発展させたい

今はずっと先輩と後輩の関係が続いているという方には、まず大事な考えは『女性』として意識させるということが一番大事です。どうしても先輩という関係から抜けられない方が、最後まで片思いのまま終わってしまうパターンのようです。恋愛に発展させるには、年下の彼に、先輩という見え方のままではダメなのです。

先輩から『女』としてみせるためには?

では、一体『女』としてみせるためには一体どうすればいいの?一番わかりやすい方法としては、プライベートでも遊べるような関係を持つことです。仕事場ではどうしても彼も周りの目があるために先輩というフィルターを外すことができません。プライベートでの関係がまだ持てないのなら、LINEでまずは連絡をとってみましょう?まずはどんな些細なことでも構いません。例えば、『PCが壊れたから見てほしい』という話題から、彼が『直せるので見ましょうか?』という流れに持っていくことができれば、『お礼にご飯おごるよ』という形でプライベートな関係に持っていくことが可能です。プライベートな関係にすらなってない場合は、まずは、しっかりゴール地点(ご飯を誘うなど)を決めて仕事以外の時間に会える関係作りを始めてみましょう。

上から目線で喋るのは控えて

先輩だからといって、必ず避けたいのが上から目線の会話。年下の男性といっても男性はどんな人も少なからずプライドを持っています。上から目線で会話をすると、彼もあなたに対して好意的にみることができません。男性は見栄・プライドを大事にする生き物ですから、普段から少し意識して上から目線の会話は控えましょう。会話の内容以外にも、『○○君って、若いね』というようなあなたのことを年上と意識させるようなフレーズも控えましょう。

プライベートでは、敬語で話し手もらう必要はありません

プライベートでも先輩という意識が外れない理由としては、『敬語』というフィルターも大きいようです。やはり誰でも敬語で話すと目上の人という意識は無意識の内に刷り込まれてしまいます。この敬語という垣根を壊すことが先輩という壁を壊すことになります。プライベートで遊ぶ時には、年下の彼には『仕事じゃないから敬語はいらないよ』と一言言ってあげましょう。たったこの一言で先輩から女という目線に変わるのです。本当にこの一言だけでグッと距離を縮めることができますので、恋愛に発展させたいのであればこのフレーズは思い切って言う必要がありそうですね。

見た目を会わせる必要はありません。気持ちだけを彼に合わせて

彼が年下だからといって、彼の年の容姿に合わせる必要は全くありません。そんなことしたら年上という武器を活かすことができません。年上の雰囲気・見た目を兼ね備えているけど、一緒に遊ぶと年上と感じさせないことが大事なのです。上手くいっている方のほとんどは、見た目はそのままに、気持ちだけを彼に少し寄せてみることにした人です。そこに年下の彼はギャップを感じ、恋愛に発展していくパターンがほとんどです。決して若作りはせず、内面からしっかり彼に合わせていくことで、今以上の発展につながっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る