結婚相談所のイメージって恥ずかしい?相談所も出会い方の一つです。

結婚相談所ってどう思いますか?恥ずかしい?

婚活の時に一番大事なのは、まずは出会うということ。出会いがなければ何も始まらないのが婚活です。婚活の出会いのツールとして思い浮かぶのが『結婚相談所』です。でも結婚相談所って恥ずかしくないですか?私はもちろんそう思っていました。結婚相談所って何か負けた感がある(笑)、最後の手段って感じですね。って思って私が婚活始めたのが、30歳ですから、負けた感とか言ってれませんから、相談所を試してみることにしたのです。しかし、この時点でも正直、、、、

恥ずかしい!!!!ってまだ思ってます(笑)

まずは相談所探しから始めてみます

いざ、結婚相談所探して見ると本当に数が多いですね。中規模〜大規模な相談所を探しても相当な数があります。正直言ってどれがいいのかわかりません(笑)というわけでまずは、大規模・相談所の歴も長い相談所に絞って探してみることにしました。当時は、4つぐらいに絞って資料や電話で聞いていました。今は、一括で資料請求できる時代になりました。すごい便利ね♪各結婚相談所のレポートはまた随時更新します。

案外恥ずかしくない!?あれ!?

案外恥ずかしくないというより、資料取り寄せただけなんだけど、ここまでの壁が以外に厚いのです。資料を取り寄せるまでは、悩みに悩んだのですが、資料が手元に届くと、真剣に見比べている自分がいました。少し恥ずかしいという気持ちがあったとしても婚活・出会いに意欲的なわけですから、そりゃあ真剣に見ます。この時点で恥ずかしいという気持ちはどこかにいってしまったのは覚えています。それよりもこれからの出会いに少しわくわくしている自分がそこにはいました。

これは、出会いの一つのツールだと実感

その後結婚相談所に登録することになりました(後日また相談所体験も書きますね)感じたことはただ一つ。自分にあった異性と効率よく出会えるツールだなと感じました。私もこの時30歳になり、仕事もそこそこ忙しい時期です。時間も無限ではありません。その中で、自分が求めている異性と効率的に出会えたのはとっても良かったです。

一応、友人の女性(既婚者)に恐る恐る聞いてみることに。

とはいえ、その後も恥ずかしさというか、後ろめさを拭うことができなかったので、仲の良い友人に思いっきって相談してみることにしました。
『結婚相談所に登録してみたんだけど…。』
友人『そーなんだ。いいんじゃない?』
『そっか..。えっ!?それだけ!?』
友人『出会いのツールとして、登録している子って案外多いよ。出会い方なんてさほど重要じゃないんだから』わ
『えっ!?もしかしてみんなそんな感じ?』
友人『そうよ?別に隠してるわけじゃないと思うけど?誰にもそういうの聞かれないだけ』
『確かに。相談所に入ってる?って聞いたことない。』
友人『案外そんなものよ』
なんか拍子抜けした解答でした。『そんなのやめときなよ』なんて言われると思ったら、『そんなのみんなもしてるわ』という解答を頂きました。なんか逆に恥ずかしい・・・

どうやら私の器が小物だったようです。

結論は、私がずぅぅぅっと一人で恥ずかしいって思っているだけでした。周りの異性は、そんなの恥ずかしいことでもなんでもないし、みんな前からしてるよ?とのことでした。なんか私が遅れているみたいで逆に恥ずかしかったのはいい思い出です。いまとなっては、一歩を踏み出して良かったなって思っています。

それでもまだ少し何か引っかかる方は、眺めるだけでも楽しいですよ。

なんかパンフレットって眺めるだけでも結構楽しいものです。なにより私のような『石橋を叩いて渡る』ような人間は全部の条件や特典を見ないと決めれないタイプなので、当時は資料請求でいっっぱいパンフレットを集めていました。しかし、今はなんと一括で簡単に資料請求できるみたいですね。羨ましい・・。
無料で簡単に、複数の結婚相談所の資料が簡単に請求できるのでオススメです。後で後悔しないように、結婚相談所の資料だけでも目を通しておくのもオススメです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る