別れるタイミングの決断する時期と切り出す時期はいつがいいの?

みんなはどんなタイミングで別れを決断するの?

『別れ』を感じる瞬間って本当に人とそれぞれだけれど、私の『別れ』感じる瞬間って周りと比べて正しいのか分からないこともしばしば・・・。倦怠期ぎみかもしれないカップルが別れを感じる瞬間と別れを切り出すタイミングを

会話がそっけない

一緒にいても会話が少ないと感じているなら少し危険信号かもしれません。長い期間付き合っているカップルほど危険なのが『会話が減った』ということ。長く付き合っているカップルほど気づかない場合がほとんど。なぜなら、長く付き合っているカップルは『もうお互いに分かり合っている』と思い込んでいる場合がほとんど。お互いが空気のような状態になっている時は実は一番危険な時。少しの喧嘩などで亀裂が入る恐れがあります。『会話がない』ということは、別れる一歩手前だと言うことです。

連絡が減った

昔は、頻繁に連絡していたのに、最近はめっきり連絡の量が減ったのならそれは危険信号の一つです。連絡が減ったということは、相手に対しての興味が減って来たという証です。もしあなたが連絡が減ったと思い始めているなら、それは、『別れ』を思い始めていると同じことかもしれませんね。別れを感じる多くのカップルが最初に感じるのは『連絡が減った』ということです。

お互いに思いやりが持てなくなっている

『別れ』の赤信号と言っても言いぐらいに非常に危険な状況です。互いに思いやりを持てなくなって理由としてはそれだけ相手に興味がなくなってしまったということ。相手に興味がないからこそ相手のことを気にかけることを忘れてしまいます。もし、思いやりが持てないと気付いたなら別れは間近かもしれませんね。

気付いたらあら探しばかり

粗探しばかりしてるかもと、気付いたあなたは、もう別れるまで秒読みかもしれません。相手のあらを探してしまうということは、それほど相手の良い部分が見なくなっているということです。もう相手の良い部分が見えてないとなると後戻りできないほどに関係は冷め切っているという状態です。ここまでの関係になっているのなら、別れを決断しても良いといえます。

別れを切り出す時期や方法ってどうしてるの?

上記の状況でみんなが別れるタイミングが把握できたと思いますが、では一体どうやって別れを切り出しているのかも気になるところです。別れを決意した人でも中々言い出せないという人も多いはず。ではどうやって辛い別れの言葉を切り出しているのでしょうか?もし、あなたが別れを決意したのなら頭の中に入れておいても良いかもしれませんね。

切り出すタイミングはお昼がベストです

別れを切り出す時間帯としては、夜よりも『昼』が良いという意見。夜に別れを切り出してしまうとどうしても長時間の別れ話になってしまいがちです。夜という雰囲気も相まってしまい、終始どんよりしたムードのままの別れ話はお互いにとっても辛い時間になってしまいます。そこで、切り出す時間帯を『昼』に変えてしまい、夜の嫌な雰囲気とは違う状況で別れを伝えることで別れのどんよりした空気感を抑えることができます。

会う回数を減らして、別れを匂わせてから

別れる決意が事前に決まっているのなら、こういう手段もありということです。別れを切り出した時の独特な雰囲気感とは、相手側の準備ができていないからこそ発生してしまいます。事前に相手に別れを匂わせることによって、別れの時の雰囲気が全く変わってきます。相手も別れをわかっていれば受け入れる心構えができるのです。会う以外の方法でも大丈夫ですので、別れを相手に匂わせることで切り出しやすくなります。

ダラダラと周りくどく言わずに完結に

まだあなたが相手のことを思ってるなら、ストレートにはっきり伝えることが相手のためにもあなたのためになります。周りくどく言ってしまうことで、中々別れを切り出せずにずるずるそのままになってしまう事例もしばしばあるようです。別れを決めたのなら、キッチリ別れることがお互いの為になります。新しい道に進むことがお互いの為になるということを頭に入れて、勇気を振り絞ってその思いを伝えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランキング

アーカイブ

ページ上部へ戻る